お知らせ・ブログ

器を買いに

我が家の行事の一つになっている「たじみ陶器まつり」に今年も行ってきました。

 

いろんな器が安く買えるというのも魅力なお祭りですが

僕が好きなのは「クリエーターズマーケット」という作家さんの作品が

並んでいるところです。

 

やはり陶芸の本場のひとつだけあっていろんな方が

おられて見ているだけでも楽しいイベントです。

 

やはり作家さんも丁寧に作られてるせいか

ひとつひとつの作品への思いが溢れています。

丁寧に説明いただけます。

 

そして悩みに悩んで買ってきたのがこちらの一輪挿し

s-IMG_1255s-IMG_1257

一輪挿しひとつ買うのに悩めるしあわせ。

「豊かさは外部からやってくる」でしょうか?

 

 

建築と庭と人と

土曜日のことですが大野町のくらしこさんのお誘いで住宅設計で有名な建築家

伊礼智さんの講演を聞いてきました。

s-IMG_1249

s-IMG_1251

 

とてもいい内容で現在の住まいを改めて考えさせられる機会となりました。

性能や大きさばかりが問われる現在の住宅。

そして何かにつけて問題になる境界線の問題。

実はそんなことばかりにフォーカスしていると逆に住みづらいものを

作っているという伊礼さんの警鐘のように受け取れました。

「大きすぎる家は下品」「いいなと思えば実測せよ」

「場所が変われば建物の向き、開口の位置もかわる」

「同じ形同じ窓の位置の建物が並ぶのは不自然」

「無理に開口を作らず、しぼる」

「住宅設計は外部をいかにとりいれるか」などなど

 

ときどき過激な発言もありましたがまさに「我が意を得たり」という講演でした。

庭の価値もすごく評価されていて我がことのようにうれしいことでした。

 

性能だけのことで言えば「庭」も例外でなく「腐らない」「汚れない」

「大きくならない」「虫がつかない」

「ゴミ(落ち葉)がでない」ことに意識をフォーカスしすぎて

本当に暮らしを豊かにすること気持ちよくすることが疎かになってないかと反省してしまいました。

そして、一番印象に残ったのは「豊かなものは外部からやってくる by野矢茂樹」ということば。

もしかしたら僕たちの仕事は豊なものをつくっているとは

いわないまでも豊かさを取り込む装置づくりなのかな

と思える言葉でした。

自分の仕事がまたひとつ好きになれる言葉をいただけました。

明日からがんばれそうです。

ちゃんと勉強もしてますよという記事でした(^^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

植木とこどもたち

IMG_1217

 

三月に町内でお庭づくりをさせていただいています。

2週間くらいの工事に通っていましたが植木を植えると初めてその家の子供たちが

外に出てきてくれました。

 

目新しさや僕たちへの慣れということもあるかと思いますが作業後一緒に水やりをしたり

掃除のお手伝いをしてくれました。

 

多分どんなに上手に石を積んでもブロックを積んでも反応の大きさは

いつも植栽にはかなわないなと思います。

緑のある暮らしというのは感性豊かな子供たちに何かを感じさせるのかもしれません。

積極的に水やりをしてくれる姿はとても嬉しく思いました。

 

これから花が咲き、葉っぱが芽吹きお庭が賑やかになる季節。

いい時期に植えさせていただけたと思います。

緑のある暮らし。どうぞ楽しんでくださいね(^O^)

お客様からのうれしいメール

s-IMG_1018

s-IMG_1020

 

去年お庭を作らせていただいたお客様からうれしいメールをいただきました。

 

「三月に入り、芽を楽しみに待つ季節がやって来たと思いきや、まさかの大雪でし
たね。
ところで最近、鳥がよく木にとまる様になり、子供と窓の内側よりそーっと覗い
て見たりしながら、
「なんの鳥かな。」などと話をすることがあります。
木のある庭について、改めて良いものだ、と感じています。ありがとうございま
した。」

 

植木を植えることを生業としているものとしてうれしいお言葉をいただきました。

最近では邪魔物扱いされやすい植木たちですがきっちり生活に寄り添い、暮らしに潤いと彩り

を与えているようです。

何よりそれを感じていただけるお客様家族の感性が素晴らしいとつくづく思いました。

 

写真は施工中のものです。

お客様様が驚かれるほど植木を運び込み植え付けました。

 

お客様の息子くんと一緒に木を植えた写真です。

一緒にいろんな思い出を作って欲しいです。

一件づつこんなご家族を増やしていければと思っています。

庭づくりで思うこと その2

s-IMG_1181

こんにちわ。

3月なのに雪が積もってしまいました。珍しいこともありますね。

我が家ではもう少し薪ストーブのお世話にならなければいけないみたいです。

こんな日は事務所にこもって設計&事務作業をこなしながらブログも更新しようかと思います。

 

この前書いた庭づくりで思うことの続きを少々。

今回は業者さん選びについてです。

 

庭づくりを頼むときにどんなことを基準にされるかはそれぞれかと思います。

デザイン重視、価格重視、エクステリア重視、植栽重視。

 

でも、もしご依頼されるなら打ち合せも設計も施工も同じ方が担当される業者さんを選ばれると

面白い仕事が見れると思います。

 

なにせ造園という業者さんは我社も例外でなく、ちいさな事務所さんが多数あります。

このまえスーツで打ち合わせした方が作業着で埃まみれで施工してくれる。そんなところがあるのです。

 

住宅の庭というのはたくさんの職人さんで一気に作らなくてもイイと思うのです。

一人や二人、多くても三人くらいでコツコツ作っていく。

出来上がる過程を家族皆さんに楽しんでもらうというのも庭づくりの醍醐味かなと思います。

 

味見をしながら料理をするようにあーでもないこーでもないが楽しいところでもあります。

 

予算をきっちり守ってもらいながらその場の思いを表現していくというのはなかなか建築では難しいことですが

庭づくりなら出来てしまうので。こっちの木はやっぱりあっちかななんて。

 

僕も含め職人さんというのは褒められれば頑張ってしまうので「すごーい」とかいいながら上手に御願いして

思い通りに作っちゃいましょう。

そんなコミュニケーションをとるためにも打ち合わせから施工まで一貫して同じ人がいると心強いですよね。

 

もう一つ業者さん選びでされればいいなと思うのは住宅を建てる時もお勧めですが自宅を訪問されることです。

 

造園の業者さんは自宅兼事務所という場合も多いので家まで行っちゃいましょう。

モデルガーデンやモデルガーデン付事務所じゃない方がいいですね。

 

そこでの暮らしぶりを見て自分たちと共通するものがあるか。

してみたい暮らしを実践されてるかなんてことを見学されることもおすすめです。

共通することがあれば実践されたことの本音なんかも聞けると思いますよ。

 

やはりどんなに言葉で繕ってもその人の人となりや暮らし方が作るものに現れてしまいますから。

 

せっかくの庭づくり楽しめるところとタッグが組めるといいですね。

正直、プライベートはちょっとというような業者さんにご自分のプライベートを任せられますか?

つづく

 

 

 

...34567

お庭のご相談やお問い合わせ、ご質問もお気軽にどうぞ。

0585-45-7207

メールでのお問い合わせ